一人暮らし・格安物件なら 【ユアルーム】>ブログ記事一覧>ネットで物件を探すときのコツ まとめ

ネットで物件を探すときのコツ まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
≪ 前へ|家賃相場と底値の物件   記事一覧   初期費用 安い まとめ|次へ ≫
テーマ:不動産 賃貸



不動産ネットで物件を探すポイント4つ仲介】 


インターネット上で物件を探すときに注意すべきポイントをまとめましたっ




その1 そもそもどのサイト使えばいいの!?




これは間違いなく大手ポータルサイトがオススメです。


大手のサイトは、物件量&新着物件がダントツです。


SUUMOさん・HOME'Sさんがこの業界での最大手)


また、お勧め出来る理由として囮広告が少ないという点もあります。


大手ポータルサイトに悪質な囮広告を出したら掲載禁止等の処置がある為、それなりに情報が精査されているからです。

とは言え、囮広告は沢山存在します(`・ω・´)



弱小サイト?の場合

いい物件が実はほとんど契約済みというスペシャルな状態のサイトもあります(>_<)



またネットでコアに探せば探すほどおとり広告ばかり見ている状態になることもあります。


↓より詳しくはこっちを見てね↓

◆お部屋探し 検索サイト まとめ◆



やっぱり大手ポータルサイトで探すのがオススメ!



その2 ネットで物件が出たら募集条件をよく確認!




定期借家・シェアハウス・告知事項の表記がないか!?

1つでもあると格段に安く募集されます!



定期借家→住める期間が短いため安い

(住める期間が短いほど安くなります)


シェアハウス→ようするに他人との共同生活です(;´・ω・)


告知事項→いわゆる事故物件、人が亡くなっている等、告知すべきことがある物件



その3 業者がわざわざ表記しない問題点を探そう!




・エレベーターが無くて4階以上

・半地下

・バランス釜のお風呂

・洗濯機置き場がない

・立地的な問題(お墓・線路のとなり等)


これが1つでも当てはまれば家賃が約1割ほど安くなる条件です!ネットで探す場合、安いから上位表示されることが多い。


※特に気にならない人にとっては、その分安くなるからオススメ!


複数の要因が重なり激安物件になるケースもあり。



その4 本 当 の 問 題 は一番手を取れるのか!?


ここまで確認して理想の条件の物件が出た場合、それはきっと問い合わせの多い『人気物件』!

賃貸は一点ものだから、『人気物件』であればあるほど本当に一瞬で終了します。

問い合わせして、早めに内見判断




もちろん【ユアルーム】に任せてくれればその時のベストな物件を提案します。


≪ 前へ|家賃相場と底値の物件   記事一覧   初期費用 安い まとめ|次へ ≫

トップへ戻る